Udemyのオススメ講座はこちら 詳細を見てみる

エンジニアになって2年経って考える、エンジニア転職時のためのオススメな行動

  • URLをコピーしました!

僕は2020年4月に重工業・製造業界からIT業界に飛び込み、ITエンジニアとしてのキャリアをスタートしました。なお、現在はエンジニアからプロダクトマネージャーにキャリアチェンジし、新しいキャリアで四苦八苦しています。

2022年4月〜2022年3月の2年間はがっつりエンジニアとしてWebサービスの開発業務を行い、その中で色々な属性のエンジニアと知り合い、話したり、相談に乗ったり色々しました。

2年経過して、

「この2年の経験をもったまま今僕がエンジニアを目指し始めた状態にいるなら、エンジニアになるためにどのような行動をとるだろう?」

と考えた時に、この内容ってもしかすると”ちょうど今エンジニアへのジョブチェンジを考えている人”は興味があるんじゃないかなと思ったので記事にまとめます。

「僕だったらこうするな〜」という個人的な考えです。
最適解でも絶対解でもないので皆さんの今後の行動のヒントになることがあれば嬉しいです。

この記事での「エンジニア」はWebアプリやモバイルアプリを開発する「IT業界で働くエンジニア」を指します。

目次

まずは出来る限り情報収集する

まずは「エンジニア」「プログラミング」に関する情報をできる限り収集します。(他にも興味のあるワードがあればそれも対象にします。例えば「フリーランス」とか?)

この段階では以下のようなことがサラッとでも良いのでわかれば良いのではと思います。

  • どのようなプログラミング言語があるのか
  • それぞれのプログラミング言語の用途(例:iOSアプリではあればswiftとか)
  • エンジニアにはどのような種類があるのか
  • どんな仕事をするのか
  • 俗に言う「Web開発」「Web制作」はどう違うのか?(それぞれの言葉の使い方が正しいかはさておき)

これらの情報収集に関しては、現役のエンジニア(かつSNS、ネット等で最新の情報をキャッチアップしている方がより良い)に教えてもらうのがベストですが、難しい場合は21世紀最強の職業 Web系エンジニアになろう AI/DX時代を生き抜くためのキャリアガイドブックがオススメです。

Udemyのオススメ講座はこちら↓

TypeScript+Next.js+Laravelハンズオンはこちら↓

デスク周りのオススメアイテムはこちら↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ブログを開設するなら「SWELL」が絶対オススメ!

この記事を書いた人

大学院(機械工学)→重工業→エンジニア→プロダクトマネージャー(PdM)兼エンジニア

神戸で「つながる勉強会」を運営↓
https://tsunagaru-kobe.connpass.com/

神戸グルメのインスタアカウントを運用しています。

目次