初学者やジュニア層のエンジニアも積極的に技術記事を書いて良いと思う

4月に新しい会社に転職し、ドメイン知識のキャッチアップや、入社早々大きめの仕事を任せてもらい、それらにに追われて全然ブログが書けてなかったですが、少しだけ落ち着いたので久しぶりにブログを書こうと思いました。

引き続きブログはコツコツと書いていこうと思っていますが、

  • 4月からは自分のポジションが純粋な開発エンジニアでなく、プロダクトマネジメント業務がメイン
  • これまでずっと触ってきたPHP/Laravelはもう使っていない

これらの理由から、多分ですが今後技術記事は書きません。

今後はプロダクトマネジメントに関する記事をメインで書いていく予定なのですが、まだまだ走り出したばかりで、形にできるほどの知識、体験、経験もないので、数ヶ月前に「今度書こう!」と思って放置していたタイトルの内容について書きます。

目次

なぜこの記事を書こうと思ったのか

ある日、この記事を見つけて読んだからです。

僕の周りには「実務経験が無い、もしくは浅いエンジニアが技術記事を書くこと」に嫌悪感を抱く人はいないと思いますが、気になる方はぜひ一度読んでみるのも良いと思います。

僕自身、この記事には賛同してます。その上で自分なりの考えを書いてみようかなと思います。

長くなりすぎると読むのも大変なので、簡潔に僕が思っていることを文字に表現します。ぜひ最後まで読んでみてください。

なぜ初学者やジュニア層が技術記事を書くことを嫌う雰囲気が存在するのか

Twitterでよく見ることとしては、こんなところかなと思います。

  • 検索結果が汚れるから
  • 正しくない記事を読んで間違った理解をする駆け出し・ジュニア層が増えてしまう可能性があるから

まあ、積極的に書いて良いと思うよ

先ほどの2つの理由を挙げた上で、僕は「駆け出し・ジュニア層の方も積極的にアウトプットをしても良い」と思っています。というか「書いた方が良い」と思っています。

その理由は

  • アウトプットは対外的なアピールになり得るから
  • 記事は理解していないと書けないので自分の知識の理解度を深めることができるから
  • (運が良い場合は)間違った内容を有識者が優しくアドバイスしてくれるから

です。

僕は媒体としてはQiitaやZennではなくブログですが、技術記事をそれなりに書いてきたことが転職活動等で結構評価された経験があるので、実務経験の無い・浅い方が技術記事を書くことは推奨したいです。

とはいえ、先ほど挙げた「初学者やジュニア層が技術記事を書くことが嫌われる2つの理由」に関しても、気持ちはわからんでもないので、それについて僕個人の考えを書いてみようと思います。

僕の考えが正しいわけではなく、ただの考えなので同意を求めるものではありませんし、否定的な意見を求めるものではありません。

検索結果が汚れるから

これに関しては「気にしなくて良い」と思っています。

僕はエンジニアとしての開発経験は2年ですし、「開発力(広義すぎますがここはスルー)が高い」と自信を持って言えませんが、そんな僕でさえ「検索結果が汚れるのウゼー」なんて思ったことがありません。

Twitterでは「エンジニアは公式ドキュメントを1次情報として信じて、それ以外は信じるな」的な意見を目にすることもしばしばですが、それなら検索結果が汚れることは全く関係ないでしょと思うわけです。だって、公式ドキュメントをみたら良いんだから。

僕も何か調べる時には検索に引っかかったQiita、Zennの記事の内容を正解と思わず、色々な記事や公式ドキュメントを見た上で総合的に判断しています。

「Qiita、Zennの記事を絶対的な正解と思わず」と書きましたが、僕は知名度のあるエンジニアさんが執筆した記事は信用できるので1次情報として扱うこともあります。(これが良いかどうかは分かりません)

なので誤った記事で検索結果を汚すことを推奨するつもりは1mmもありませんが、情報収集側で十分に対応できる範疇なので、アウトプットする側は必要以上に躊躇う必要はないと思います。

正しくない記事を読んで間違った理解をする駆け出し・ジュニア層が増えてしまう可能性があるから

確かに危ういな、と思っています。

これに関しての解決策はちょっと難易度が高いですが、こんなところかなと思います。

  • その記事を読んだ有識者がコメント等で誤った情報であることと、正しい情報をアドバイスしてあげる
  • 先輩や上司が正してあげる

前者に関してはアドバイス自体は報酬が産まれないためボランティアになるので、僕は「その記事を読んだ有識者がアドバイスしたら良いじゃん」とは口が裂けても言えませんし全然思っていないです。(僕自身するつもりはないので)

運によりますが、僕がQiitaに記事を書いていた時に優しく教えてくださる人がいてすごい嬉しかった記憶があります。

とはいえ再現性は低いので、現実味があるのは後者でしょうか。

エンジニアが実務経験を積むのが1番成長すると思うので、そこでまとめて間違った知識を正すのが良いのではないかと思います。

まあないと思いますが、最悪なのはその先輩や上司の知識や理解が正しくないパターンですね。これはどうしようもない。

初学者やジュニア層が技術記事を書くときにできること

ここまでつらつらと書いてきましたが、初学者やジュニア層のエンジニアも積極的に技術記事を書いて良いと思いつつ、情報収集側のために記事を書く側でやれることもあるよね、と思ったことを3つ書きます。

  • 記事の冒頭に自分の実務経験を書く
  • QiitaやZennではなく個人のブログに書く
  • 知り合いに事前にレビューしてもらう

記事の冒頭に自分の実務経験の長さやレベルを書く

これは簡単に取り入れることができるのではないかと思います。

記事の冒頭で「実務経験が短いこと(もしくはエンジニア目指して勉強中の身であること)」を書くことによって、その記事を読んだ人は「この記事の内容は間違っている可能性もあるからあまり信用しないでおこう」と思うことができます。

「読み手にそんな手間や負担をかけさせるなよ」と思うかもしれませんが、今現役バリバリのエンジニアのほとんどの方がこんな時代もあったと思うのでそこは優しく見守ってあげても良いのではないかと勝手に思っています。

QiitaやZennではなく個人のブログに書く

SEOに関しては詳しくないのですが、Qiita、Zennに比べるとNotブログガチ勢のブログはSEOは強くないと思います。個人ブログに書くことで検索結果を汚す可能性は下げることができるのではないかと思います。

僕が個人ブログに技術記事や本記事のようなポエム記事を書いている理由はこの理由ではありませんが、マウントチックなコメントをされるのが嫌な人はぜひ検討してみてください。

余談ですが僕の周りのエンジニアは個人のブログに技術記事をアウトプットしている人が結構多いです。

知り合いに事前にレビューしてもらう

これはかなり再現性が低いですが、記事の内容が正しいかどうかを自分より知見のある知人に記事公開前にレビューしてもらい、間違っている内容を指摘してもらうことで記事の質を上げる方法です。

繰り返しになりますが、これはかなり再現性が低いのでここまでの説明にしておきます。

最後に

長々書きましたが、僕の結論としては以下の2つです。

  • 駆け出し・ジュニア層の方も積極的にアウトプットをしても良い
  • とはいえ、アウトプットのやり方に工夫の余地はある

エンジニアの世界からは片足出た状態になりましたが、エンジニア界隈に「どんな人でもアウトプットして良いし、アウトプットすることに賞賛する文化」がもっと根付けば良いなと思いました。

P.S.

周りを過剰に気にせずアウトプットしたらよろし。

Udemyのオススメ講座はこちら↓

TypeScript+Next.js+Laravelハンズオンはこちら↓

デスク周りのオススメアイテムはこちら↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大学院(機械工学)→重工業→エンジニア→プロダクトマネージャー(PdM)兼エンジニア

神戸で「つながる勉強会」を運営↓
https://tsunagaru-kobe.connpass.com/

神戸グルメのインスタアカウントを運用しています。

目次
閉じる