現役エンジニアが考える「エンジニア転職の学習ロードマップ」(前編)

導入編では以下のことを書きました。

  • この記事を書いた理由
  • この記事を読んでほしい方
  • この”現役エンジニアが考える「エンジニア転職のための最適学習ロードマップ」”シリーズでわかること
  • 注意点

導入編をまだ読んでいない方はぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

長い前置きを終えて、前編から本題に入っていきます。

前編では

現役エンジニアが感じた実務で絶対に必要な知識・スキル

をまとめます。

僕がエンジニアの仕事はおろか、エンジニアに必要な知識やスキルを全然わかっていないままがむしゃらに勉強していた当時、喉から手が出るほど欲しかった内容です。

この記事に書いていることは1人のエンジニアが感じたことです。申し訳ありませんが世界標準ではありませんm(__)m

というわけで早速説明していきます。

目次

現役エンジニアが感じた実務で絶対に必要な知識・スキルまとめ

僕がエンジニアにジョブチェンジしてこれまでに感じた“実務で絶対に必要な知識・スキル”はこちらです。

  • 質問力
  • Web知識
  • チーム開発でのGit操作
  • Linuxコマンド
  • フレームワークではなくネイティブ言語の理解
  • クライアントツールの使い方
  • SQL
  • Docker

そこまで差はないですし独断と偏見になりますが、重要度順に並べています。

上記のリストを見て

あれ?僕(私)がこれまで学習したことと結構違うぞ…?

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ゆーたろー

ご安心ください。僕なんか実務に入ってから痛感しましたので(笑)

これだけでも僕が実務に入ってどれだけヘコんだかがわかるかと思います。

この記事を読んだ方が僕のようにならなくて済むよう、上記リストの細かく解説していきます。

後編の学習ロードマップに行くまで少し長めの寄り道になりますがぜひ最後までご覧ください!

質問力

いきなり一見プログラミングと全然関係ない項目だなと思ったかもしれません。

質問力はエンジニアとしての仕事というより新しいキャリアをスタートする時に必須の能力というかスキルです。

中でもエンジニアという職業では質問力がかなり大事だと感じています。

質問力ってちょっとフワッとしていますが、ざっくり言うと“相手のことを考えた良い質問をする力”です。

異業種からエンジニアに転職していざ仕事を始めると本当にわからないことばかりです。

むしろわかることの方が少ないんじゃないのかと思える程…
(僕は超最小限の勉強で業界に潜り込んだので僕のケースは極端かもしれません)

その時に先輩や上司に質問することになるのですが、質問の仕方によって

  • わからないことが解決するまでの時間
  • 先輩、上司の犠牲になる時間
  • 先輩、上司からの評価

が大きく変わります。(あえて「犠牲」という言葉を選びました)

まず始めに注意点ですが、

わからないことがあったらどれだけ時間がかかろうが自分で解決できるまで質問しない

というのはエンジニアとして、というよりビジネスマンとしてアウトです。

どんな仕事にも“納期”“出すべきアウトプット”があります。

なのである程度のラインでわからないことは質問すべきです。

では質問する際にどのようなことに注意すれば良いのか、というと個人的にはこのような要素があれば良いと思っています。というか理想的です。

  • YesかNoで答えられる
  • 何を解決したいのかが明確
  • 実装時のエラーならどこまでできていてどこでエラーになっているのかがわかる
  • どのようなことを試した(けどダメだったのか)が明確
  • エラー解決に参考にした記事のURL

初めから全ての項目を満たす質問をすることは極めて難しいです(僕自身も完璧ではないと思います)が、常に上記を意識して“質問された側(答える側)がこの質問をされて答えやすいかどうか”という相手目線を持つことがとても大事です。

ゆーたろー

質問する前に必ず「自分がこの質問を受けた時にスムーズに答えられるだけの情報が十分に入っているか?」と考えてみてください。

相手に渡す情報は多ければ多い程良いと思っている派です。

自分では不要な情報と思っていても、自分よりスキルや経験のある人からすれば必要な情報、なんてこともあります。

少なすぎるのはダメ、多すぎるくらいでちょうど良い

これも意識してみると良いのではないかと思います。

プログラミング初心者目線での質問についてとても良い記事があるので貼っておきます。ぜひ参考にしてみてください。

初学者目線で見たプログラミング学習において最も大切な「質問する」ことについて

Web知識

ゆーたろー

はい、僕が実務に入ってヘコんだ1番の理由がこれです_| ̄|○

(1番目に質問力を挙げていますが僕は質問についてはマシな方でした)

Webアプリ開発の仕事をする上ではWebの知識をおろそかにすると、爆死確定です。

突然ですが、以下の用語が理解できてい場合は実務に入るまで調べて理解しておくことをオススメします。
(できれば人に説明できればGood)

  • IPアドレス
  • ホスト
  • ドメイン
  • ポート番号
  • SSH
  • DNS
  • 公開鍵/秘密鍵
  • Cookie(クッキー)
  • Session(セッション)
  • HTTPメソッド(まずはGET/POST)

これを全部理解していたら実務で全く困らないかと言われたらそんなことはありませんが、まずは上記の用語の意味だけでも知っておくと良いです。

実務に入るとこれらの用語はわかっているのが当たり前!な感じで仕事の話は進んでいきます(泣)

ゆーたろー

僕は実務に入ったばかりの時、上司・先輩が何を言っているのか全然わからずかなりヘコみました…
(今だから笑えますが、当時は本当に辛かったです…)

いきなり

「公開鍵と秘密鍵を作って私に送って」

と言われても混乱しないようにしましょうね(笑)
(僕は混乱しまくってめっちゃググって、めっちゃ先輩に聞きました…)

と、ここまででWebの知識がどれだけ重要か、最低限何を知っていおけば良いかがわかりました。

次はWeb知識の勉強方法についてです。

紹介する2冊の内1冊の書籍を1周してあとは都度ググる

これで良いです。

イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb技術の基本

Udemyのオススメ講座はこちら↓

TypeScript+Next.js+Laravelハンズオンはこちら↓

デスク周りのオススメアイテムはこちら↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大学院(機械工学)→重工業→エンジニア→プロダクトマネージャー(PdM)兼エンジニア

神戸で「つながる勉強会」を運営↓
https://tsunagaru-kobe.connpass.com/

神戸グルメのインスタアカウントを運用しています。

目次
閉じる