Udemyのオススメ講座はこちら 詳細を見てみる

【Laravel】Laravelのキモ、「サービスコンテナ」の仕組みを理解する〜前編〜

  • URLをコピーしました!

この記事ではLaravelフレームワークのキモであるサービスコンテナについて解説していきます。

「Laravelのすごいところはどこか?と聞かれてサービスコンテナと答えられない人はにわかだー!」

という情報をTwitterでも見たことがあるくらい、Laravelの大きな大きな機能の1つです。

サービスコンテナは概念が少し難しいのでその分、解説ボリュームは多くなってしまいます。

ということで、前編と後編に分けて記事を書きます。
(1つの記事にまとめると読む方が途中で挫折する気がする)

前編の内容

前編のこの記事では以下の内容について解説します。

  • サービスコンテナの概要
  • バインド
  • 解決

まずはサービスコンテナについて知って、基本的な機能を理解します。

後編の内容

  • DI/依存性の注入

後半では上記の内容を扱います。

サービスコンテナの大きな機能であるDI/依存性の注入について深く理解していきます。
(ファサードはおまけです)

後編はこちら。
(ですが、まずはサービスコンテナについてあまりよくわかってないという方は前編から読んでいただいた方が良いです)

参考書籍

この記事はこれらの技術書の内容をベースにまとめています。

初学者向けではないですが、とても勉強になる内容の技術書です。

Udemyのオススメ講座はこちら↓

TypeScript+Next.js+Laravelハンズオンはこちら↓

デスク周りのオススメアイテムはこちら↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

ブログを開設するなら「SWELL」が絶対オススメ!

この記事を書いた人

大学院(機械工学)→重工業→エンジニア→プロダクトマネージャー(PdM)兼エンジニア

神戸で「つながる勉強会」を運営↓
https://tsunagaru-kobe.connpass.com/

神戸グルメのインスタアカウントを運用しています。

目次